ひと言サビアン ♌しし座14度

シンボル

『表現の機会を待つ人間の魂』


ひと言解釈

昨日の年老いた船長は、過去を振り返り、これまでの人生の軌跡を回想していました。この振り返りが終わると今度はまた、前に進む意欲が再び沸き起こってきたかのようなシンボルです。


このシンボルを見たとき、お母さんのおなかの中に飛び込もうとする赤ちゃんの魂のようだなと感じました。現実の世界は時に困難なことが起き、大変なことを経験するステージであったとしても、「自分を表現したい」と願う気持ちは、恐れや不安など吹き飛ばしてしまうほどの情熱なのですね。


私たちの魂も輪廻のなかで生かされているならば、昨日の船長のように、過去世の生き方をまた振り返り、そして次なる人生の舞台に飛び込んでいくのだなぁと思いました。


今日は「お母さんのお腹の中に今にも飛び込もうとしている赤ちゃん」の気持ちになってみて、そのときのドキドキ・ワクワクを想像してみましょう!


やったるで~!!

というしし座の前向きパワーが全開になる予感がします(笑)


キーワード

予感を抱く、期待が持てる

生まれ変わる、準備が整う

表現への衝動的な意欲

神野悠華 ✡ 占星研究室

神野悠華(じんのゆうか)は 西洋占星術とタロットを研究し 現実の世界と目に見えない世界の繋がりを 探求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000