ひと言サビアン ♋かに座16度

太陽は現在、かに座16度を運行中です。


シンボル

『古い書物を頼りに 自分の目の前にある正方形(曼荼羅)を研究している男』


ひと言解釈

昨日は七夕でしたね。皆さんはどのように過ごされたのでしょうか。

ここ京都では、梅雨のシーズンで湿気Maxで、夜空を見上げてもどんより曇り空・・・なのですが、6日と7日は久しぶりにいいお天気になりました。暑っつぅーッ!というくらい強い日差しで、肌が焦げてる感がありました。毎日なんとなくせわしなく過ごしていますが、ふと一匹のセミがミンミンなくのが聞こえてきて、梅雨明けはまだしていないものの、どうも本気の夏に突入したよーとセミが教えてくれた気分になりました。

私は冬より夏派!みなさんはいかがでしょうか。


さて、今日のサビアンです。

昨日は物質的に満たされお腹いっぱいになってリラックス。緩みっぱなしはちょっと困りものですが、ふっとこころが少し緩んだときにこそ、インスピレーションや啓示を受けやすいのかもしれませんね。


今日のシンボルは内なるインスピレーションに従って、わたしにとって本当の円満とはなにか。一番バランスのとれた安心ポイント・円満ポイントを追及するようです。


物質中心主義でもない。精神に偏ったものばかりではない。両方が上手く合わさった時に、化学反応(?)がおこり、願いが現実化する。ちょっと怪しい解釈ですみません。


目の前にある安定した四角い空間は、きっとサンクチュアリなのでしょう(ルディヤーは「曼荼羅」と訳しました)。古い書物(智慧)に助けられながら「わたしのサンクチュアリ」を作り上げる、そんなシンボルです。


キーワード

原点に戻る、こころの中心に帰る

自分の内なる願いに耳を傾ける

内なる神性と繋がる

神野悠華 ✡ 占星研究室

神野悠華(じんのゆうか)は 西洋占星術とタロットを研究し 現実の世界と目に見えない世界の繋がりを 探求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000