ひと言サビアン ♊ふたご座29度

太陽は現在、双子座29度を通過中です。


シンボル

『春の最初の百舌鳥(もず)』


ひと言解釈

スズメ科のモズは、パッと見た感じではスズメとほとんど同じですが、よく見ると尾羽が長く目の周りには眉上の黒い模様が入って凛々しいです。ちなみに、写真のモズはオスで、メスは体全体が茶褐色だそうです。


この鳥は音を聞いてそれを真似することができるため、ものまね鳥などとも呼ばれるそう。占星術家のルディアは、「集団的な感情をとらえて歌にするこの鳥は、若者が自分や社会の感情をとらえてそれを流行の歌にするのと同じである。」という表現をしていて、なるほどなーと思いました。


皆さんも好きな歌手やミュージシャンがいると思いますが、歌詞の内容やメロディーにどこか共感したり、訴えかけてくるものがあるから好きになるのですよね。私も気分に合わせて色々な音楽を聴きます。なかでもミスチルはやっぱりいいなぁと♡


人の感情や社会の出来事を、歌や音楽に変えて表現する。さすがに今から歌を作ろう!というのはちょっと無理がありますが、例えば手帳になにげなく書いた一文が自分にとってすごく心に残るものだったり、結構あとになっても心の支えになってくれることはありますよね。今日はふと感じた何気ない感情を、自分へのメッセージとして書き留めてみてはいかがでしょうか。


ふたご座度数も早くも後半になりました。間もなくかに座領域に入っていくわけですが、百舌鳥は「もうすぐ次のステージにいくよー」と合図を出してくれているのかもしれませんね。


キーワード

刺激を受ける・与える、触発される

音楽や話術などの芸術的な方面に関係する

人を引き付ける




★zephyr先生の関西鑑定&セミナーのご案内はコチラです!是非のぞいてみてください★

http://astro-zephyr.blogspot.jp/p/62915305-630-930-9-9-559000.html

神野悠華 ✡ 占星研究室

神野悠華(じんのゆうか)は 西洋占星術とタロットを研究し 現実の世界と目に見えない世界の繋がりを 探求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000