ひと言サビアン ♊ふたご座26度

太陽は現在、双子座26度を通過中です。


シンボル

『森の中の冬霜』


ひと言解釈

場面は昨日の真夏を思わせるパームヤシから、冬の寒い季節に変わりました。夏からいきなり冬です。パームヤシの一つ前も「氷の上をスケートする子供たち」なので、冬⇒夏⇒冬の動きですね。自然界の伸縮する力が働きかけて、まるで何かを産み出そうとしているかのようです。

冬は静寂であり、休止であり、冷静です。その静寂と厳し寒さゆえに、こころの動きも一瞬止まってしまうかのようです。

雪が降った日の朝は、いつもは賑やかな街中でもどこか「しーん」と静まりかえります。あの現象は一体何なんでしょうか。気持ちまでもが束の間ですが静まり、研ぎ澄まされる感覚に陥ります。

シンボルの冬に反して、現在の季節は6月。これからぐんぐん気温が高くなってはいきますが、今日はこころと頭を冬にタイムスリップさせてみましょう。冬霜に覆われた深い森をイメージして思い描くことで、自分のなかに静寂が広がっていきます。

霜が日の光に反射してキラリと光るように、何か鋭いインスピレーションが「ここだよ」と大切なものの場所を教えててくれるかもしれません。


キーワード

物事の本質に気が付く、本性が明らかになる

一度立ち止まって考える、クールダウンする


★zephyr先生の関西鑑定&セミナーのご案内はコチラです!是非のぞいてみてください★

http://astro-zephyr.blogspot.jp/p/62915305-630-930-9-9-559000.html

神野悠華 ✡ 占星研究室

神野悠華(じんのゆうか)は 西洋占星術とタロットを研究し 現実の世界と目に見えない世界の繋がりを 探求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000