ひと言サビアン ♉おうし座29度

『テーブルで働いている二人の靴職人』


昨日のロマンスに胸躍らせる女性の靴は、使い込まれて修理が必要に。

その靴を二人いる靴職人のどちらに修理を依頼するか、迷います。

革の鞄のように壊れたところだけを修理し、味わい深い仕上がりを得意とする一人の職人。

それとも真新しい素材で張り替えるもう一人の職人。

松村潔氏のサビアン辞典では、このシンボルを『新旧どちらかをよく吟味して選ぶ』と表現しています。葛藤のシンボルですが、靴は進歩の象徴ですので、どちらを選んだとしても発展的です。


どちらを選ぶか良く考える。

将来のことを想像して、今を決める。


★zephyr先生の関西鑑定&セミナーのご案内はコチラです!是非のぞいてみてください★

http://astro-zephyr.blogspot.jp/p/62915305-630-930-9-9-559000.html

神野悠華 ✡ 占星研究室

神野悠華(じんのゆうか)は 西洋占星術とタロットを研究し 現実の世界と目に見えない世界の繋がりを 探求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000