ひと言サビアン ♓うお座21度

現在、太陽は魚座21度を進行中です。


シンボル


『小さな白い羊と子どもと中国人の召使い』


ひと言解釈


純粋無垢な要素が、大人的な立場の存在から見守られている。


温かくてやわらかなシンボルです。


「中国人の召使い」は、羊と子どもを優しく見つめていると描写されるのですが、それはお腹の中で動きだした胎児の一挙手一投足に、いのちの動きをはっきりと認識し微笑む母親のようでもあります。


羊についてですが、これは「次の牡羊座を示している」といわれ、魚座領域で次なるサインの羊がこうして登場するのはとても印象的です。ただ、白くて小さいことから、まだ生まれたばかりでか弱い存在だということもわかりますね。


「子羊」と「少女」と「召使い」。


この3者の関係。


人間の潜在意識(ロウセルフ※)・顕在意識(ミドルセルフ※)・高次の意識(ハイセルフ※)に当てはめることができるのでは?とも思いました。


本能的な部分(子羊)と、思考と感情の部分(成長段階の人間)と、高い精神性(中国人の召使い)の3つが対立することなく、絶妙なバランスで調和している構図です。


人間が生まれる直前の状態を、教えてくれているのかもしれないな。


産まれたその後は、そりゃぁ~大変だけど(苦笑)。


そんなことをこの度数でイメージしました。


とても神秘的なシンボルです。


(※『カフナの秘法』より引用した言葉です。)



キーワード


優しさ、素直さ、従順、慈しむ、平和的な境地


発芽、動きに敏感、成長の実感、傷つきやすいほどの柔らかさ


可能性を知覚する、繊細な感性、霊的能力


神野悠華 ✡ 占星研究室

神野悠華(じんのゆうか)は 西洋占星術とタロットを研究し 現実の世界と目に見えない世界の繋がりを 探求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000