ひと言サビアン ♓うお座7度

現在、太陽は魚座7度を進行中です。


シンボル


『岩の上に横たわっている十字架』


ひと言解釈


聖書では「岩」という言葉がよく出てくるのですが、神様そのものの喩えなんだそうです。


岩は強固で揺るがないもの。

また、自然のなかに厳然とたたずむもの。


その有様が、絶対的な存在としての神(不動心)を象徴している、と神学上でも解釈されているのだそうです。


今日は、その揺るがない不動心の上に横たわっている十字架(献身性)です。


一つ前の6度でも、奉仕や献身性を表すシンボルでした。


そして今日のシンボルもまた、十字架と言うワードで献身性が表されています。


献身性(十字架)は人目につかないような状況であって(自然のなか)、つまり誰も見ていなくても、またどんなに過酷な環境であってもその思いは揺るがない(岩)という強い意志の表れのように感じます。


こういった内的な強さは、まさに信仰心や善なる心とも呼べるのかもしれません。


魚座の個性をまたひとつ極めるシンボルです。



キーワード

信念を貫く、内なる声に従いそこに捧げる、信仰


6度に引き続いて献身性の意味を持つ


苦難や逆境を乗り越える強固な内面、宗教性、善心


神野悠華 ✡ 占星研究室

神野悠華(じんのゆうか)は 西洋占星術とタロットを研究し 現実の世界と目に見えない世界の繋がりを 探求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000