コラム ~牡牛座の美と天秤座の美~

今日の午前0時時点では、太陽の進行度数は昨日とおなじ「おうし座25度」を通過中ですでおうし座26度のひと言サビアンは明日に。本日はひと言コラムを。


今、ひと言サビアンは牡牛座を通過中です。23度シンボルの「宝石店」なんて、持ち物をこよなく愛する牡牛座の、まさに頂点を極めたようなシンボルでした。


占星術では、牡牛座の支配星は金星です。

そして、天秤座の支配星もおなじ金星。

牡牛座も天秤座も、美的感覚が非常に鋭いサインです。

しかしこの両者、同じ金星支配星にも関わらず、まったく趣味が合わないww


例えば。

食器を一つ例として挙げてみましょう。


人里離れた山奥で、黙々と作品を作るレアな陶芸家が作った、

一点物のコーヒーカップでお茶を飲む牡牛座さん。


イギリス王室御用達である陶磁器メーカーウェッジウッドの

カップでお茶を飲む天秤座さん。


はたまた、洋服を例として挙げますと。


伝統的な手法で生産された麻の生地を使って、

手縫いのブラウスでお出かけする牡牛座さん。


流行を追いつつもそれに染まらず、ワンポイントで個性を出しながら、

バランスのとれたコーディネートでお出かけする天秤座さん。


この違い。

伝わってますでしょ~か~?ww


そうです。牡牛座は自分の五感をとっても大切にします。

心地よいもの、が美の基準です。

手触りや着心地。

また素材とか、原料とか、作られるまでの過程とか。

そういったことを重視するので、

牡牛座さんはやはり芸術家肌ですね。


牡牛座金星の人を何人か知っていますが、

押し花、園芸、食器、家具、お庭、お財布、本、アクセサリー、本にも

独特の美的感性を発揮される人が多い。


天秤座は、対人関係が大きなテーマの星座なので、

人に見られてどうか、相手に不快感を与えないか、

目立ちすぎていないか、調和がとれているか。

といったことを大切にします。

相手をとても気にするのですね。

誰と行くか、どんな場所に行くか、とか。

そこに標準を合わせて選ぶものが変わってきます。

八方美人なんて言われてしまうのも、それゆえなのかもしれません。


同じ支配星金星なのに、こうも違うの!?と思わされることが多々あります。

基準が違う、ということなんですよね。


ちなみに私の金星は天秤座ですが、芸術的センスは見事にゼロです。

部屋もいたってシンプル。

何かで飾ろうとすると和洋折衷のちゃんぽんになってしまい

全然美しくありませんww 

なので、私にとってはシンプルが一番!(爆)

冥王星とタイトに合でもあるので、金星はもしや仮死状態なのでは!?

と感じる今日この頃です。 


あ。でも、私の知り合いに金星・冥王星合の天秤座さんがいますが、

その方の美的感覚はすごいです!

天秤座らしく、相手を意識した美しさを創り出せる方でした。

いうまでもなく、金星は冥王星と合でも生かせるという証明ですし、

むしろ美を徹底的に追及するのでしょう。

アメリカ人歌手のビヨンセさんも、金星と冥王星が合の持ち主ですので、納得です。


牡牛座さんの五感を大切にする姿勢は、とても見習うべき点です。

牡牛座は土のエレメント。所有・物質のサインです。


最近なんとなくふわふわしていると感じる方

しっかりグラウンディングしたい方

「好き」とか「嫌い」の感覚が少し鈍っているなと思う方

是非、牡牛座の美を参考にされてみてください。

五感が戻ってきますよ♪


神野悠華 ✡ 占星研究室

神野悠華(じんのゆうか)は 西洋占星術とタロットを研究し 現実の世界と目に見えない世界の繋がりを 探求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000